お知らせ News 永井小児科

小児かかりつけ診療料について

2018.04.12

3歳未満のお子様の保護者の皆様へ

平成30年4月より診療報酬が改定され「小児かかりつけ診療料」が導入されました。施設基準を満たす施設が算定することになりました。

□施設基準□

①初期小児救急への参加(当番医、こども救急への出務)

②乳児健診の実施

③定期予防接種の実施

④幼稚園の園医または保育園の嘱託医への就任

当院では、皆様に質の高い医療を提供することをモットーに、次のような診療を行っております。

●病気の際の診療において1.5次までの医療(外来で半日程度の点滴で軽快する疾患まで診る)と、急性疾患を発症した際の対応法について適切な指導、看護ケアを提供いたします。抗菌薬の適正使用の普及啓発にも取り組んでおります。

●ぜんそくやアトピー性皮膚炎、食物アレルギー、夜尿症、便秘症などの慢性疾患の指導管理を行っております。

●乳幼児健診において、お子さんの発達段階に応じた助言・指導を行います。予防接種において有効性、安全性に関する情報提供を行うと同時に、ワクチンのスケジュール管理を行い、様々な健康相談に応じます。

●他の医療機関と連携し必要に応じて専門的な医療を要する際の紹介等を行います。

●幼稚園の園医、保育所の嘱託医として院外におけるお子さんの健康管理にかかわっております。

夜間・休日のご相談は#8000にご連絡ください。診察が必要な場合は、夜間休日こども急病診療所(電話番号022-247-7035)を受診してください。

「小児かかりつけ診療料」は1か所の医療機関のみで算定することになっています。当院を継続して受診される皆様に、小児かかりつけ診療料についてのご理解とご同意をお願い申し上げます。なお、乳幼児医療費受給者の皆様の窓口負担はありません。

 

2018年4月1日

院長  永井幸夫  

副院長 貴田岡節子

看護師長 三上昭子