予防接種のご案内 Vaccination 永井小児科

乳幼児期に受けるワクチンの種類が大変多くなっていますので、1カ月健診でスケジュールを組み、2カ月健診からワクチン(ヒブ・肺炎球菌・B型肝炎・ロタウイルス)を始めることをお勧めいたします。

なお、お子さんの月齢やワクチンの進み具合を確認しながら、個別にスケジュールを組みますのでナースにお尋ねください。

予防接種の種類

ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン定期接種

細菌性髄膜炎を予防するワクチンです。
細菌性髄膜炎は生後3カ月~5歳位のお子さんが罹りやすく、予後が悪い病気です。
効果的な治療法がないため、ワクチンで予防することが大事です。生後2カ月になったらすぐに接種しましょう。月齢が遅くなると、接種回数が変わってしまいますのでご注意ください。

ヒブワクチン無  料不活化

生後2カ月~5歳未満

生後2カ月~6カ月

(初回) 4週間以上の間隔で1歳までに3回接種
※1歳までに2回目、3回目のワクチンが受けられなかった方はご相談ください。

(追加) 初回接種後、7カ月以上の間隔で1回接種

生後7カ月~1歳未満

(初回) 4週間以上の間隔で1歳までに2回接種
※1歳までに2回目のワクチンが受けられなかった方はご相談ください。

(追加) 初回接種後、7カ月以上の間隔で1回接種

1歳~5歳未満 1回接種
小児用肺炎球菌ワクチン無  料不活化

生後2カ月~5歳未満

生後2カ月~6カ月

(初回) 4週以上の間隔で1歳までに3回接種
※1歳までに2回目の接種を受けておかないと、3回目のワクチンが受けられなくなります。

(追加) 1歳以降、初回接種後60日以上あけて1回接種

生後7カ月~1歳未満 (初回) 4週以上の間隔で1歳までに2回接種
(追加) 1歳以降、初回終了後60日以上あけて1回接種
1歳~2歳未満 60日以上あけて、2回接種
2歳~5歳未満 1回接種

ロタウイルス胃腸炎予防ワクチン有  料生

ロタウイルス胃腸炎は乳幼児に多くみられ、激しい下痢や嘔吐で脱水症をおこしやすくなります。
感染力が強くて重症化しやすい胃腸炎です。

生後6週~24週の間に 4週間以上あけて2回接種(経口)[ロタリックス1価の場合]
※初回接種は14週までに受けてください。
※生後2カ月の健診で、ヒブ・肺炎球菌・B型肝炎・ロタの同時接種をお勧めします。

四種混合ワクチン(DPT‐IPV)定期接種無  料不活化

百日咳にかかると小さな赤ちゃんは激しく咳込み症状が重くなります。3カ月になったらすぐに開始し1歳前に3回の接種を終わらせるようにしましょう。

生後3カ月~7歳半まで 1期初回 生後3カ月から1歳までに3週間以上あけて3回接種
1期追加 初回終了後6カ月以上あけて1回接種

B型肝炎ワクチン定期接種無  料不活化

B型肝炎ウイルスは肝炎や肝硬変、肝がんの原因となるウイルスで感染力が強く、血液や唾液、汗や涙でも感染することがあります。乳幼児が感染すると、大きくなってから発症する可能性があります。

対象者 平成28年4月以降に生まれた、生後1才までの方
接種回数 3回 1回目から28日後(4週)に2回目接種
  1回目から140日後(20週)に3回目接種

※定期接種対象外の方は任意接種(有料)になります。

BCG定期接種無  料生

結核の予防接種。各区の保健センターで集団接種となります。

生後1歳 (生後5カ月~8カ月頃)までに受けましょう

麻しん・風しんワクチン(MR)定期接種無  料生

1歳頃から麻しんや風しんに罹患しやすくなります。特に麻しんは感染力が強く罹患すると重症化しやすい病気です。1歳になったらすぐにワクチンを受けましょう。
小学校入学前に2回目の接種をすることで、免疫が強化されます。

1期 1歳~2歳未満で 1回接種
2期 5歳~6歳 小学校入学前の1年間(年長さんの時)に 1回接種
   ※就学前検診時に学校から通知があります。

おたふくかぜ有  料生

耳の下が腫れて痛みます。髄膜炎や難聴、睾丸炎などの合併症があります。集団生活に入る前にワクチンを受けましょう。年長児や大人がかかると症状がひどくなります。

1歳から大人まで 2回(免疫力を高めるため5~6歳頃、2回目の接種をお勧めします)

水ぼうそう 定期接種無  料生

全身に水をもった発疹ができます。
感染力が強い病気ですから、集団生活に入る前にワクチンを受けましょう。

対象者  1歳~3歳未満のお子さん
接種回数 2回 (1回目)標準的には1歳~1歳3ヶ月までの間
  (2回目)1回目の接種から3ヶ月以上経過してから行う

※ すでに水痘に罹患した方や、任意で2回接種された方は対象外となります。

※ 1回接種した方は3か月以上間隔をおいて、残り1回を無料で接種することになります。

日本脳炎定期接種無  料不活化

生後6カ月から7歳半まで

1期 初回 (3歳) 1週間以上あけて2回接種
  追加 (4歳) 初回終了後、6ヶ月以上あけて1回接種
2期 9歳~13歳未満 1回接種

特例措置

平成17年度から平成21年度の日本脳炎ワクチン差し控えにより接種できなかった方(平成7・4・2~平成19・4・1生)は無料で接種が受けられます。
小学2年~3年生の方には6月に学校から、高校3年生の方には個別に通知が来ます。
母子手帳をご確認のうえ、接種方法についてご相談ください。

二種混合ワクチン(DT)定期接種無  料不活化

ジフテリアと破傷風の免疫を強化します。
小学6年生に学校から予診表が配布されますので、忘れずに受けましょう。

2期  11歳~12歳で 1回接種

インフルエンザ有  料不活化

生後6カ月~13歳未満 2~4週間あけて2回接種
13歳以上 1回接種
  • ※ 卵アレルギーのあるお子さんはご相談ください。
  • ※ ワクチンを接種してから免疫ができるまで時間がかかります。
    流行に備え10月中にワクチンを開始するようお勧めいたします。
    毎年9月中旬から予約をお取りしています。

子宮頸がんワクチン定期接種無  料不活化

子宮頸がんは、発がん性のHPV(ヒトパピローマウイルス)が原因で、性交渉で感染するといわれています。ワクチンを10代の早い時期に接種することで、子宮頸がんの予防ができます。

小学6年生~高校1年生まで 初回接種から2カ月後と6カ月後の3回接種します[ガーダシル4価の場合]

※現在積極的推奨が中止されているため、当院ではワクチン接種を見合わせています。

ワクチンの進め方

  • 赤ちゃんを病気から守るため、ワクチンは早めに(生後2ヶ月から)開始しましょう。
  • 数種類のワクチンを同時に接種しても、ワクチンの有効性や副反応への影響はありません。不安な方、ワクチン後腫れやすかったり、熱が出やすい方は個別にスケジュールを組みますので、ご相談ください。
  • 接種当日の入浴は可能ですが、babyスイミングなどの運動はできません。
  • 接種部位がひどく腫れたり、熱がでたときは診察を受けましょう。
月齢 ワクチン
2月 ①ヒブ ①肺炎球菌 ①B型肝炎 ①ロタウイルス  
3月 ②ヒブ ②肺炎球菌 ②B型肝炎 ②ロタウイルス ①四種混合
4月 ③ヒブ ③肺炎球菌 ②四種混合
5月 ③四種混合
5月~6月 BCG
7月~8月 ③B型肝炎
1歳 ①MR ①水痘 ①おたふくかぜ
1歳1月 ④ヒブ ④肺炎球菌 ④四種混合
1歳3月~
1歳半
②水痘
3歳 日本脳炎1期
小学校
入学前年
②MR ②おたふくかぜ  
9歳~
13歳未満
日本脳炎2期
11歳~
13歳未満
二種混合

予約について

予防接種日程
 
午前

 

11:00

 

11:00

11:00

 

午後

14:00
16:00

15:00

13:30

15:00

15:00

13:30

予約方法

予約はお電話にて受付けしております。

ご予約専用電話番号 022-296-3966
  • ※ 予約は前日および当日受付けです。
  • ※ 予約状況により、多少時間変更があります。
その他

「予防接種の種類」に掲載されていないワクチンでも、お取り寄せして接種できる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。